男性

単身でする引越し

荷造り

少ない荷物の引越し

これまで家族でともに暮らしていたにも関わらず、会社の都合で転勤を申し付けられることがあります。すでに長年生活の基盤を家族が築いていて、今さらいきなり一緒に引越すことが難しい場合もあります。それでも期限を決めて引越さないことには、転勤先での仕事の都合もありますし、それまでに引き継ぎなどやっておくべきこともあります。そこでたとえ単身赴任のような独り身での引越しであっても、確実に予定通りに作業を終えてもらわなければなりません。一人のことなので、たいした荷物もなく、自分で梱包をすれば軽トラックを借りるなどして、自分だけで単身赴任のための引越しを終えることができると思うかもしれません。しかし引越しに伴う各種の手続きなどにも時間もとられることですから、なるべくなら、単身赴任であっても引越し業者を利用しましょう。

すぐに暮らしの再開をする

単身赴任であっても、引越し業者を利用した方がより確実に安全な引越しができます。もちろんプランによっては自分で梱包をすることで、大幅に料金を下げることもできるかもしれません。しかし引越し後にすぐに生活をはじめて仕事も開始しようと思えば、計画的な梱包をしておかないと、必要なものが見つからなくて困るということがよくあります。突然に転勤を申し渡され、転勤の必要性が出てきたら、なるべくならまとまった荷物でなくとも引越し業者を利用しましょう。繁忙している時期を利用しないように工夫さえすれば、かなり引越しの料金を下げて利用することもできます。単身赴任後の暮らしがすぐにできるように、引越し作業はプロに任せましょう。

業者選びを工夫して

ダンボール

単身引っ越しは引っ越しの中では手軽なもののため、料金が安いところが人気です。料金を安くしたいならば複数業者に見積もり依頼をするとよいでしょう。値引き合戦が起こり安くなりやすいです。混雑する年度末はできたら避けるべきですが、不可能ならば時間帯を指定しないと安くなりやすいようです。

もっと詳しく

上手に利用して節約しよう

トラック

多くの引越業者は、冷蔵庫などの大物だけを対象にしたプランが用意されているので、荷物を抑えてお得に引越しすることもできます。各社それぞれの料金体系があるので、一括見積サイトなどを利用して、同じ条件で比較して選んでいきましょう。

もっと詳しく

料金を抑える方法

女性

引越しに掛かる料金を安くするには業者選びが大切になります。料金は業者によく確認しないと、思ったより高額な料金を請求される場合があるので気を付けましょう。引越す季節・曜日によっても料金は異なるので、工夫をすれば安くすることは可能になります。

もっと詳しく